三島村・黒島に村営焼酎蔵落成 10月末から仕込み

(2018/09/08 23:00)
三島村営の焼酎蔵「みしま焼酎 無垢の蔵」=同村黒島
 三島村の黒島で8日、村営焼酎蔵「みしま焼酎 無垢(むく)の蔵」の落成式があり、関係者ら約80人が新たな挑戦のスタートを祝った。主に黒島で取れたイモを原料に10月末から仕込みを開始。来年4月までに4.32キロリットル(900ミリリットル換算4800本)の焼酎を造り、蔵や村内の酒屋などで販売する計画だ。
 無垢の蔵は2階建て(延べ床面積約360平方メートル)で、1階が工場、2階に見学コーナーがある。国、県の補助を受け総事業費は約3億2300万円。落成式でテープカットの後、出席者が施設を見学した。大山辰夫村長は「村に新たな特産品と雇用を生むこの事業が、地方創生のモデルとなるようしっかりと取り組みたい」とあいさつした。
三島村営の焼酎蔵「みしま焼酎 無垢の蔵」の落成式でテープカットする出席者=同村黒島
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース