台風24号 鹿児島県本土へ午前最接近

(2018/09/30 00:00)
強風の影響で通行禁止になった天城大橋=天城町
 大型で非常に強い台風24号は29日、奄美地方を風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら、奄美群島の西海上を北上した。鹿児島地方気象台によると、30日未明に県内全域が暴風域に入る見通し。種子・屋久地方と本土への最接近は同日朝~昼前とみられる。県内は猛烈な風雨となり災害の恐れがある。気象台は厳重な警戒を呼び掛けている。
 与論町では29日午後、樹木や電柱が倒れ、走行中のトラックが横転するといわれる、最大瞬間風速53.0メートルの猛烈な風を観測。九州電力によると、同日午後10時現在、奄美群島で約5万9000戸が停電。県などによると、同日午後10時現在、南さつま市の男性(92)が風にあおられて転倒し頭部に軽いけがを負うなど、けが人や住宅被害が複数報告されている。
 台風は速度を上げて北上するため、急激に風雨が強まる恐れがある。30日の予想最大瞬間風速は奄美と種子・屋久65メートル、本土50メートル。同日午後6時までの24時間雨量はいずれも多い所で奄美、種子・屋久、大隅地方400ミリ、薩摩地方250ミリと予想される。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に加え、高潮の危険性もある。
 台風24号は29日午後10時現在、徳之島の西約60キロを時速25キロで北北東に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル。中心付近の最大風速45メートル(最大瞬間風速60メートル)。中心の東側280キロと西側220キロ以内が暴風域、南西側650キロと北東側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。
 30日午後は近畿地方に北上する見込み。県内全域が暴風域を抜けるのは同日昼すぎ、強風域を抜けるのは同日夜遅くとみられる。

【台風進路予想】


気象情報

フォトニュース