図書室人気 仕掛け多彩 谷山北公民館開設10年

(2018/10/07 23:00)
読み聞かせイベント「おはなしのじかん」を楽しむ親子ら=鹿児島市中山町の谷山北公民館幼児室
 鹿児島市中山町の谷山北公民館が今月、開館10周年を迎えた。来館者の1番人気は図書室「きたぽっぽ」で、利用者100万人を超えるほどだ。利用者、貸出冊数ともに市内の公民館図書室で最多。蔵書約5万冊を誇り、司書を補佐する図書室サポーター制度を市内で初めて導入した。各種イベントや展示に工夫を凝らすなどさまざまな仕掛けで、幅広い世代に本との出合いを演出する。
 ある平日、幼児室ににぎやかな声が響いていた。絵本の読み聞かせイベント「おはなしのじかん」に参加した子どもたちだ。1歳の長女を連れた高橋智佳穂さん(26)=谷山中央7丁目=は「娘と同年代の子どもたちと遊べるのでありがたい」と喜ぶ。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース