コンビニ強盗に備え対応訓練 さつま

(2018/10/09 06:30)
強盗犯人役(右)に金を要求され、対応する店員=さつま町のファミリーマートさつま町田原店
 さつま警察署は3日、さつま町のファミリーマートさつま町田原店で強盗対応訓練をした。町内や近隣店の責任者、署員ら約30人が参加し、対処時の注意点などを確認した。
 刃物を持った男が、現金を奪って車で逃走する想定。店員は買い物かごを床に並べて現場保存し、通報で駆け付けた警察官に車のナンバーや犯人の特徴を説明した。田中保典店長(48)は「身長が実際と違うなど、訓練と分かっていても焦りが出た。他のスタッフと体験を共有したい」。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース