近代の幕開け表現 鹿児島・維新ふるさと館に光と音の芸術

(2018/11/02 06:30)
光と音で明治維新をイメージするプロジェクションマッピング=鹿児島市上之園町
 鹿児島市加治屋町の維新ふるさと館と甲突川護岸に2~4日、壁面に映像を映す「プロジェクションマッピング」が登場する。リハーサル会が1日夜あり、明治維新をテーマにした光と音の芸術が、西郷隆盛や大久保利通ら偉人ゆかりの地を彩った。
 維新150年を記念した「薩摩維新ふるさと博2018」(市など実行委員会主催)のイベントの一つ。維新を成し遂げるまでの軌跡や近代日本の幕開けなどを4章仕立てで表現した。約7分。各日午後6時半~9時に10回程度上映する。
(記事全文は2日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース