わな14基を設置 阿久根市のアライグマ

(2018/11/03 06:30)
えさ袋を取り付けるなどわなの準備をする県、市の担当者ら=阿久根市脇本
 阿久根市と県は2日、特定外来生物のアライグマ1匹が10月29日に捕獲された同市脇本の畑周辺を中心に、捕獲用わな14基を設置した。自動撮影カメラ5台も設置、おおむね2カ月生息状況を観察する。捕獲状況、目撃情報に応じて増設も検討する。市、県の担当者らはドッグフード、スナック菓子を入れた鉄製の中型獣用わなを、通り道と想定される場所に次々と設置した。
 アライグマは北米原産。雑食性で農業や生態系などに深刻な影響を及ぼすとされる。阿久根市での発見は県内で6例目。
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース