地球規模の経済交流を 鹿児島県人世界大会が閉幕 鹿児島市

(2018/11/03 13:00)
国旗などを掲げ入場行進する海外鹿児島県人会メンバーら=鹿児島市の城山ホテル鹿児島
 鹿児島ゆかりの海外在住者が集う「鹿児島県人世界大会」は2日、鹿児島市の城山ホテル鹿児島で公式式典があった。20カ国・地域(海外25県人会)から帰郷した約280人が国旗とともに入場。次世代交流の促進や人的ネットワークを活用した地球規模の経済交流を誓い閉幕した。
 式典には経済団体関係者らを含む約550人が参加した。鹿児島商工会議所会頭の岩崎芳太郎実行委員長は「150年前の先人の偉業に思いをはせ、深い絆を築き、新たな鹿児島の創造に取り組む」と開会宣言し、三反園訓知事、森博幸鹿児島市長が歓迎のあいさつをした。
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース