伊佐工房、初出場V 地元産イモの水あめで甘み プリングランプリ

(2018/11/04 20:00)
プリングランプリで優勝した「銀河坑道プリン」=伊佐市の薩摩太良院伊佐工房
 伊佐市の薩摩太良院伊佐工房の「銀河坑道プリン」が、10月28日に福井県小浜市で開かれた、おいしいプリン決定戦「P-1グランプリ」(実行委員会主催)で初優勝した。決め手は伊佐産のサツマイモを使った水あめ。同社は「県内外に伊佐の食の魅力を伝えたい」と販路拡大を目指す。
 4個入り4968円(税込み)、8個入り9936円(同)とプリンとしては高級だ。1個498円(同)の小ぶりサイズもある。主にインターネットで販売。伊佐市のふるさと納税の返礼品にもなっている。左近充社長は「グランプリをきっかけにデパートや道の駅などと商談し、販売先を増やしていきたい」と話した。同社=0995(29)4601
(記事全文は5日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース