焼酎で乾杯 町内3蔵元の新酒飲み比べ さつま

(2018/11/06 20:00)
さつま町産の焼酎で一斉乾杯する来場者=同町のプラッセだいわ宮之城店駐車場
 さつま町にある3蔵元の焼酎を味わうイベントが2日、同町宮之城屋地のスーパー駐車場で初めて開かれた。町内外から約350人が訪れ、一升瓶50本分をお湯割りや水割りなどで堪能した。
 町内産の焼酎を地元でもっと飲んでもらおうと若手飲食店主らが企画。植園酒造(平川)、小牧醸造(時吉)、軸屋酒造(平川)の新酒をそろえ、各蔵が仕込みに使う地下水で前割りした焼酎を1杯300円で提供した。同町の公務員、外越正樹さん(45)は「飲み比べが楽しみ。定期的に開いてほしい」。

フォトニュース