自動車税制改革を要望 鹿児島県に関連団体

(2018/11/09 22:15)
平木万也総務部長に要望書を手渡す諏訪秀治支部長(右)=鹿児島県庁
 日本自動車販売協会連合会鹿児島県支部と日本自動車連盟(JAF)鹿児島支部は9日、鹿児島県に自動車税引き下げや、消費増税後の負担軽減を訴える要望活動をした。連合会県支部の諏訪秀治支部長が、県の平木万也総務部長に要望書を手渡した。
 自動車関連21団体でつくる「自動車税制改革フォーラム」が全国で展開する一斉活動の一環。要望書によると、日本は自動車の取得・保有段階にかかる税金が欧米諸国に比べ高い。自動車税を現行の軽自動車税並みに下げることや、消費増税後の利用者の税軽減などを求めた。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース