愛称は「たるたるぱあく」 垂水南部に道の駅開所

(2018/11/23 20:00)
道の駅「たるみずはまびら」のオープンを祝う関係者=垂水市浜平
 垂水市浜平の国道220号沿いには、市が整備した道の駅「たるみずはまびら」がオープンした。公募で付けられた愛称は、「たるたるぱあく」。物産館やカフェ、鹿児島湾を望む展望デッキがあり、初日から多くの客でにぎわった。
 南北に細長い市域の中で、北部の道の駅たるみず、中央部の森の駅たるみずに並ぶ南部の観光拠点として造られた。約2万5000平方メートルの敷地内には来春までに、マリンスポーツ施設や情報発信拠点、肉・魚などの民間販売所もできる。
多くの客でにぎわう道の駅「たるみずはまびら」の物産館=垂水市浜平
(記事全文は24日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)