灰覆う口永良部島 噴火継続1カ月余

(2018/12/01 13:00)
もくもくと噴煙を上げる新岳。左奥は本村集落=口永良部島上空
 屋久島町・口永良部島の新岳は30日、火山灰を伴う噴火が続いた。福岡管区気象台によると、午後9時までに噴煙は最高1400メートルに上った。
 気象台によると、火山性地震と火山ガス(二酸化硫黄)は多い状態が続いている。噴火警戒レベルは3(入山規制)を維持。火口の半径約2キロ以内と北西側の向江浜地区で大きな噴石や火砕流に警戒を呼び掛けている。
(記事全文は1日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)