さよならQ400 JACが種子島で退役記念フライト

(2018/12/03 13:00)
ボンバルディアDHC8-Q400の前で記念撮影する退役ツアー参加者=中種子町の種子島空港
 日本エアコミューター(JAC、霧島市)は2日、11月末で定期運航を終えたボンバルディアDHC8-Q400(74席)を、退役記念のツアーフライトとして鹿児島-種子島間で運航した。
 全国から参加したファン約40人は午前11時すぎ、チャーター機で中種子町の種子島空港に到着。機体を間近で撮影した後、バスに乗り込み、同機がかつて離着陸した旧種子島空港内を巡った。午後4時半、種子島空港を飛び立った。
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)