景気対策見極め中? 消費増税前 駆け込み購入 予定「なし」が4割

(2018/12/05 06:30)
 鹿児島銀行と九州経済研究所(KER、鹿児島市)は、消費税率引き上げに関する鹿児島県民の意識調査結果をまとめた。増税に備えた物品購入の予定は「ない」が40.2%で最も多く、「未定」が36.1%で続いた。「ある」は23.7%にとどまり、KERは「政府が景気対策を打ち出す中、冷静に購入のタイミングを見極めている」と分析している。
 鹿銀とKERの消費税増税に関する調査は初めて。10月下旬、県内の鹿銀本支店を訪れた766人にアンケートした。
(記事全文は5日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)