鹿児島市で九州高校文化祭 美術など8部門で成果披露

(2018/12/07 22:55)
開会式で書道パフォーマンスを披露する鶴丸高校書道部=鹿児島市の宝山ホール
 第2回全九州高校総合文化祭鹿児島大会(九州高校文化連盟、鹿児島県高校文化連盟主催)の総合開会式が7日、鹿児島市の宝山ホールであった。九州・沖縄8県の代表ら1500人が集結。9日まで同市各地で、美術や放送など8部門で日頃の成果を披露する。吹奏楽は来年2月開催する。
 式は鶴丸高書道部と鹿児島中央高音楽部の共演で幕開け。NHK大河ドラマ「西郷どん」の楽曲演奏に合わせた書道パフォーマンスで、大会テーマ「文化、どっかーん!」が書き上げられると、観客から歓声が上がった。神村学園吹奏楽部や鹿児島女子高箏曲部の演奏、松陽高演劇部の演技なども会場を沸かせた。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)