南九州3ジオパークが交流 「大地の宝」活用探る

(2018/12/19 13:00)
火山の魅力や観光の課題などを語り合う「南九州3ジオパーク地域交流会」=鹿児島市のソーホーかごしま
 桜島・錦江湾、霧島、三島村・鬼界カルデラの「南九州3ジオパーク地域交流会」が12日、鹿児島市のソーホーかごしまであった。参加者はそれぞれの地域の取り組みや課題などを語り合った。
 11の活火山と、三つの日本ジオパークがある「火山県」の連携を深めようと、8月に霧島市で始まり2回目。
(記事全文は19日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)