ホタル名所に小学生が植樹 小林

(2019/12/08 22:00)
「出の山公園」に植樹する小学生=小林市南西方
 ゲンジボタルの名所として知られる小林市南西方の出(いで)の山公園で11月30日、「こばやし未来の森・水・ひとづくり」があった。ホタルがすみやすい環境を保全しようと、地元の小学生が高さ約2メートルのベニカナメモチ10本を植樹した。
 出の山湧水は、環境省選定の「日本の名水百選」の一つ。主催する小林商工会議所は、業者に委託していた植樹を今回初めて小学生に依頼。陸上競技団体「小林ジュニアアスリートクラブ」の代表10人がスコップを手に協力した。
(記事全文は8日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース