空手王者は〝職質プロ〟 年末年始警戒に奔走 鹿児島県警・新井警部補

(2019/12/16 06:30)
稽古に励む新井辰美警部補(右)=鹿児島市武1丁目
 鹿児島県警の年末年始特別警戒で最前線に立つ極真空手の全日本チャンピオン(壮年部)がいる。精鋭が集まる「自動車警ら隊」(自ら隊)の新井辰美警部補(40)。〝職務質問のエキスパート〟は、24時間態勢でパトロールし犯罪抑止に目を光らせながら、来春の世界大会を見据えて稽古に励んでいる。
 「自ら隊」勤務は通算5年目。2016、17年には職務質問の技術向上のため愛知県警へ出向した。現在、鹿児島県警に6人だけの「職務質問技能指導員」の資格を持つ。
 1月10日まで特別警戒が続く中、来年3月の極真空手の世界大会(千葉市)に向け、修練に励む。両立は並大抵ではないが、「もっと強くなり、パトロールの技術を上げ、涙を流す人を1人でも減らしたい」と笑みを浮かべた。
県警自動車警ら隊の新井辰美警部補=鹿児島市の県警本部
(記事全文は16日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース