かごしま水族館のジンベエザメ「ユウユウ」 9代目襲名、8代目は海へ

(2018/09/25 23:30)
9代目ユウユウを襲名した雌のジンベエザメ=鹿児島市のかごしま水族館
 かごしま水族館のジンベエザメ「ユウユウ」が25日、新旧交代した。8代目ユウユウ(全長5.2メートル)は海へ帰り、黒潮大水槽で飼育されていた雌(全長4.5メートル)が“スター”の名を継いだ。館は7代目に続き、8代目にも生態調査のビデオカメラや水深計を装着する予定だったが、台風24号接近で海が荒れていたため断念した。
 8代目は9月7日、南さつま市笠沙沖の海上いけすに移され、放流に向けて自然環境に慣らす調整をしていた。6月末に搬入された時点で、既に輸送限界の5.5メートルに近い大きな個体だったことに加え、新たな展示候補のジンベエザメが同市坊津の秋目港沖の定置網に掛かったため。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース