西郷どん展開幕 半生たどる資料210点 鹿児島市・黎明館

(2018/09/27 22:00)
「七卿落図屏風」などが目を引く企画特別展の会場=鹿児島市の黎明館
 明治維新150周年記念企画特別展「西郷どん」(黎明館、南日本新聞社など主催)が27日、鹿児島市の同館で始まった。初公開となる書状や鮮やかな錦絵など資料約210点を展示し、波乱に満ちた西郷隆盛の半生をたどる。11月18日まで。
 観覧料は一般1000円、高大生600円、中学生以下無料。9月30日午後1時半から、同館職員による展示解説講座「幕末維新期の政局における西郷隆盛と島津久光」(台風接近の場合変更も)、10月6日午後1時半から記念講演会「西郷隆盛と西南戦争」がある。いずれも無料。先着245人。
(記事全文は28日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース