ノーベル医学生理学賞の本庶教授 2年前、鹿児島の高校生らに講演

(2018/10/03 06:30)
 ノーベル医学生理学賞に輝いた本庶佑京都大特別教授は2016年11月、鹿児島市で免疫研究について講演していた。参加した高校生は受賞決定を受け、「大切な言葉をもらった」「努力し続ける大切さを知った」と喜んだ。
 講演は稲盛財団が創設した「京都賞」受賞者として、本庶さんら国内外の3人が約1800人に講演。初めて離島の高校生が財団に招待された。
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース