秋深まり木市にぎわう 11月15日まで 鹿児島市

(2018/10/18 06:30)
色とりどりの花の苗が並ぶ秋の木市=鹿児島市の甲突川左岸緑地
 「秋の木市」が鹿児島市の甲突川左岸緑地で開かれている。キンモクセイの爽やかな香りが漂う中、花の苗や盆栽を見定める大勢の買い物客でにぎわっている。11月15日まで。
 市木市振興会主催。果樹の苗木や小鳥など24の店が並び、入れ替えを含めて千種10万点が並ぶ。モミジとサザンカの苗を購入した元千枝子さん(73)=天城町=は「木市が待ち遠しかった。挿し木で増やし、近所のガーデニング仲間にあげたい」と笑顔を見せた。
(記事全文は18日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース