竹灯籠7000本 温泉街照らす さつま・湯田

(2019/12/09 20:00)
淡い明かりの「竹ホタル」が並ぶ会場=さつま町湯田
 竹灯籠が街を彩る「みやんじょ温泉竹ホタル」が7日、さつま町湯田の宮之城温泉街であった。約800メートルが歩行者天国となり、ホタルに見立てた約7000本が通りを照らした。
 水害からの復興やホタル再生を願って始まり、13回目。竹の切り出しや加工など、11月中旬から地域総出で準備を進めてきた。広場では豚汁や焼酎が振る舞われた。
(記事全文は10日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース