夫婦イチョウ、仲良く黄金色に 霧島・福山の宮浦宮

(2019/12/15 22:00)
黄金色に染まり、見頃を迎えた夫婦イチョウ=霧島市福山の宮浦宮
 霧島市福山の宮浦宮にある県天然記念物「夫婦イチョウ」が見頃を迎えている。2本の巨大な古木が黄金色に染まり、天候次第で20日ごろまで楽しめるという。
 松下徳章宮司(70)によると、いずれも高さ約35メートル、幹回り約8メートル。樹齢千年以上ともいわれ、大火事や西南戦争の砲火もくぐり抜けてきた。
(記事全文は16日付南日本新聞373るモバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース