ほのぼのする…浜辺に流れ着いたガラスで海を感じるアート

 2022/05/22 13:30
三島理沙さんのシーグラスアート
三島理沙さんのシーグラスアート
 枕崎市の枕崎お魚センターで、浜辺に流れ着いたガラス片・シーグラスを使ったアート工芸品が来場者の注目を集めている。名古屋市在住の三島理沙さん(40)が制作し、独特の風合いとほのぼのとしたデザインが人気だ。

 センターに勤める母親の下山美智子さん(65)が地元の海岸で材料を集め、三島さんの元に送っている。波にもまれて削れた小片を魚や花びらなどに見立て、額縁入りの飾りやアクセサリー、メッセージカードなどに仕上げている。

 新型コロナウイルス禍で家で過ごす時間が増えた三島さんが、以前から集めていたシーグラスでアクセサリーを作って母に贈ったのがきっかけ。昨年3月から店頭に並べると好評で、作品の幅を広げてきた。

 三島さんは「色や形から何を作るか考え、どこから流れて来たのかなど想像すのが楽しい。もともとは人が出したごみ。それで作った物で喜んでもらえるとうれしい。作品を通して海の魅力を感じてほしい」と話している。