与論空港に米軍ヘリ3機着陸 鹿児島空港行き民間機1便、出発20分遅れる

 2022/06/19 10:00
与論空港(2012年12月撮影)
与論空港(2012年12月撮影)
 18日午後2時35分ごろ、鹿児島県与論町立長の与論空港に、米軍ヘリコプター3機が着陸した。午後3時5分発の鹿児島空港行き日本航空3824便(乗客14人)に20分の遅れが出た。けが人はなく、空港施設への被害もなかった。

 空港を管理する県によると、着陸6分前の午後2時半ごろ、国土交通省鹿児島空港管理事務所から与論空港管理事務所に「米軍ヘリ3機が着陸する」と連絡があった。九州防衛局は着陸した理由やヘリの所属先、機体名などについて「確認中」としている。

 県港湾空港課によると、与論空港への米軍機着陸は2017年のヘリ2機以来。着陸日時や理由などは「国の指導で明らかにできない」としている。