宇宙に一番近い島の高校生、小型ロケット製作に挑む 初の打ち上げは「想像以上」 コンテスト出場へ鹿児島大研究会に弟子入り

 2022/06/20 11:00
モデルロケットを打ち上げる生徒ら=西之表市西之表
モデルロケットを打ち上げる生徒ら=西之表市西之表
 鹿児島県西之表市の種子島高校電気科が、南種子町の種子島宇宙センターで毎春開かれる種子島ロケットコンテストへの出場を目指し研究に取り組んでいる。3年生5人は11、12日、小型のモデルロケットを製作し、初めて打ち上げに成功。機体は約30メートルまで上昇し、収納したパラシュートも正常に作動することを確認した。

 「超小型人工衛星製作プロジェクト」として、2019年に始まった。今年は同コンテストで複数回の入賞経験がある鹿児島大学SATSUMAロケット研究会の協力を得て、機体の構造や打ち上げの仕組みを学んだ。

 機体は紙製で全長45センチ。専用の火薬を使って飛ばす。設計ソフトで尾翼など一つ一つの部品の大きさを計算した。安定性を確保するのが難しく、テストを繰り返しながら1日がかりで最適の重心を探った。打ち上げは市民グラウンドであり、生徒は鹿大研究会メンバーの助言を受けながら、それぞれ発射装置を設定し成功を見守った。

 宇宙関連企業に就職を希望する種子島高3年の小川龍哉さんは「想像以上に安定して高く飛んだ。ロケットの仕組みを学べてよかった」。指導した鹿大工学部4年の山下燿梨(ひかり)さん(21)は「電気科らしく、精度にこだわって作った。宇宙を身近に感じてもらえれば」と話した。

 今後はロケットの速度や高度、気圧を読み取れるセンサーの開発を目指す。