鹿児島の経済ニュース

有田焼・十五代柿右衛門×三島村焼酎コラボ 長期醸造酒に記念ボトル 予約販売、1本30万円

 2021/10/17 20:50
芋焼酎「みしま村」の長期熟成酒を入れる柿右衛門の陶器(三島村役場提供)
芋焼酎「みしま村」の長期熟成酒を入れる柿右衛門の陶器(三島村役場提供)
 鹿児島県三島村は、同村黒島にある公設公営の焼酎蔵「みしま焼酎 無垢(むく)の蔵」で長期熟成した芋焼酎を、11月1日から販売する。佐賀県の有田焼の窯元、十五代酒井田柿右衛門さんが手掛けた陶磁器の記念ボトル入りで、村特産の大名竹を描いている。

 村は2018年に蔵を開設。焼酎で一般的に長期とされる3年以上の熟成焼酎は、初めて出荷する。

 記念ボトルはアルコール度数36度、720ミリリットル入り30万円。先着30本限定で要予約となっている。名前を記した銘板は屋久杉で作られ、陶器と一緒にきり箱に入れて送る。

 大名竹のタケノコは村の特産として出荷されて
いる。村によると、地域おこし活動を通して柿右衛門さんに話が伝わり協力を得た。柿右衛門さんは、2泊3日で実際に黒島へ足を運んで写真を撮影。いくつかの植物の中から、大名竹が三島村を代表する植物と感じ、題材として選んだ。

 定住促進課の飯田隆志係長は「島に行ったことがある人は、思い出しながら飲んでほしい。行ったことのない人も、柿右衛門さんの陶器から、島や焼酎に関心を持っていただければ」と話した。

 記念ボトルの予約は10月1日から始まり、既に6本の予約が入っている。はがきかメールで申し込める。問い合わせは三島村役場=099(222)3141。
広告