鹿児島の経済ニュース

「冬の女王」師走の街へ シクラメン出荷始まる 鹿児島・伊佐

 2021/11/30 10:30
ビニールハウス内で出荷を待つ色とりどりのシクラメン=伊佐市の井之上花園
ビニールハウス内で出荷を待つ色とりどりのシクラメン=伊佐市の井之上花園
 伊佐市菱刈花北の井之上花園で、「冬の鉢花の女王」と呼ばれるシクラメンの出荷が始まった。赤やピンク、紫と色とりどりに咲き誇る1万鉢以上が、ビニールハウス内を埋め尽くしている。12月中旬頃まで順次、九州内の市場に出す。

 昨年11月に種をまき、1年かけて育ててきた。これまでで最多の70種類をそろえ、黄色い花や、バラのように香る品種もある。

 井之上崇代表(45)は「水を切らさなければ、春先まで咲くほど花持ちがいい植物。コロナ禍で会えない人への贈り物などにお薦め」と話す。12月20日まで同園でも販売する。