鹿児島の経済ニュース

鹿児島県の最低賃金、32円増の853円に 02年度以降最大の上げ幅、10月6日にも適用

 2022/08/10 15:43
鹿児島県の最低賃金引き上げを答申した審議会=10日、鹿児島市
鹿児島県の最低賃金引き上げを答申した審議会=10日、鹿児島市
 鹿児島地方最低賃金審議会(会長・山本晃正鹿児島国際大学教授)は10日、2022年度の鹿児島県の最低賃金(最賃)を現行の時給821円から32円引き上げ、853円にするよう中所照仁鹿児島労働局長に答申した。ウクライナ危機などで今年になって続く物価高騰を踏まえ、02年度以降では最大の上げ幅となった。早ければ10月6日から適用される。

 32円の引き上げ額は、中央最低賃金審議会が鹿児島地方審議会に示していた目安額30円を2円上回った。これまでの増額幅の最高は19年度の29円。21年度は28円だった。