鹿児島の経済ニュース

朝露と落ち葉で車輪が空転、JR肥薩線が運転見合わせ 3日始発から再開予定

 2022/10/02 21:17
 JR肥薩線で2日朝、朝露や落ち葉が原因とみられる車輪の空回りが相次ぎ、吉松-隼人で運転を終日見合わせた。同区間は台風14号で被災し、2日に運転を再開したばかりだった。

 JR九州によると、空転は午前5時35分ごろ吉松発隼人行き普通列車(1両編成)の栗野-大隅横川、午前6時ごろ隼人発吉松行き普通列車(2両編成)の日当山-表木山で発生。乗客計7人にけがはなかった。普通の上下線24本が運休、約400人に影響が出た。3日は始発から再開する見通し。