鹿児島の経済ニュース

近くても遠くても230円…路線バスに均一制運賃検討 23年10月改定目指す 鹿児島市交通局

 2022/11/29 07:04
 鹿児島市交通局は28日の交通事業経営審議会で、市バスの普通運賃に230円の均一制運賃を導入する方針を示した。現行は走行距離に応じた変動運賃。収入増による経営立て直しを図るほか、分かりやすい運賃体系に変更して利用者のサービス向上につなげる狙いで、2023年10月の改定を目指す。

 現料金制度は対キロ数区間制(120〜520円)と特殊区間制(190〜250円)で構成する。

 経営計画(20〜31年度)は市バス運賃を13%引き上げ、市電事業と合わせ29年度の収支均衡を見込む。交通局によると、均一制運賃を取り入れることで運賃体系が簡略化され、クレジットカード・タッチ決済など新サービス導入時のシステム開発費が抑えられる。

 新料金制度に21年度の利用実績を適用し、16%の増収と試算した。他10都市の公営交通の均一制運賃(210〜230円)も参考にした。

 新制度ではICカード「ラピカ」利用時の乗り継ぎ割引を拡充させる。60分以内の乗り継ぎは、割引額を市バス-市バスが230円、市バス-市電は170円に引き上げる。バス定期券は、市電を含めた全停留所で使用できるようになる。

 白石貴雄交通局長は「交通事業を安定して継続させるため、料金改定は避けられない。市民には負担をかけるが理解してほしい」と話した。

 交通局は、市議会12月定例会に報告し来年1月、九州運輸局に上限運賃の変更認可を申請する。このほか、21年度決算は5億2600万円の赤字で、20年度比で3億6700万円縮小したことを報告した。