鹿児島の経済ニュース

鹿児島県と4市町管理の5橋に「緊急措置必要」 21年度の点検結果踏まえ報告 道路メンテ会議

 2022/12/02 15:36
道路施設の点検結果報告などがあった鹿児島県道路メンテナンス会議=1日、鹿児島市の県市町村自治会館
道路施設の点検結果報告などがあった鹿児島県道路メンテナンス会議=1日、鹿児島市の県市町村自治会館
 鹿児島県内の道路管理者でつくる県道路メンテナンス会議(会長・鳥澤秀夫鹿児島国道事務所長)が1日、鹿児島市の県市町村自治会館であった。事務局が2021年度時点の点検結果を踏まえ、県市町管理の計5橋が緊急措置段階にあると報告した。5橋の管理者は県、日置市、奄美市、天城町、伊仙町で、通行止めなどの対応が必要となる。

 国は14年度、5年に1度の道路施設点検を義務化し、現在2巡目(19~23年度)。県内ではこれまでに対象の1万772橋とトンネル178カ所について、それぞれ6961橋(約65%)、70カ所(約39%)の点検を終えた。

 会議終了後に引き続き行われた専門部会で、線路上に架かる渡線橋の21年度時点の点検結果報告もあった。対象131橋のうち71橋(約54%)を点検、緊急措置が必要な渡線橋はなかった。