鹿児島の経済ニュース

肝付・錦江またぐ山間部に風力発電計画 12基、出力5万1600キロワット ジャパン・リニューアブル・エナジー、26年着工予定

 2022/12/02 12:22
 再生可能エネルギー発電大手の「ジャパン・リニューアブル・エナジー」(東京)が、鹿児島県の肝付町と錦江町をまたぐ山間部で風力発電施設の建設を計画している。出力約4300キロワットの発電機を12基設置し、九州電力送配電に売電する方針。1日から、事業者が実施した環境影響評価(環境アセスメント)の配慮書を公表しており、来年1月12日まで両町役場などで縦覧できる。

 計画想定区域は約1765ヘクタール。最短で2026年に着工、28年の営業運転開始を見込む。発電所出力は約5万1600キロワットの予定で、電力量は一般家庭3万4000世帯分に相当する。発電機の高さは約160メートル、風車は直径120~130メートル。

 区域内には計88戸の民家、区域から約1.6キロ先には大原小学校(錦江町)がある。12基の具体的な設置位置は未定で、今後、現地調査などを踏まえて絞り込む。選定理由について「安定して強い風が吹くこと」などを挙げている。

 区域の約1.5キロ先の肝付町内には、同社が別の風力発電施設事業を計画し、環境アセスは4段階(配慮書、方法書、準備書、評価書)のうち、準備書の段階。来年1月6日まで同町役場などで縦覧できる。同社は「地元行政も脱炭素に積極的。地域特性を生かして事業を進めたい」としている。