テレビ東京、7月期のドラマ25はサウナ好きによるサウナ好きのための『サ道』(左から)磯村勇斗、原田泰造、三宅弘城 (イラスト:タナカカツキ、撮影:池田晶紀)(C)『サ道』製作委員会
テレビ東京、7月期のドラマ25はサウナ好きによるサウナ好きのための『サ道』(左から)磯村勇斗、原田泰造、三宅弘城 (イラスト:タナカカツキ、撮影:池田晶紀)(C)『サ道』製作委員会

原田泰造×三宅弘城×磯村勇斗、サウナ漫画『サ道』ドラマ化 連載も再開

 タナカカツキ氏の“サウナの伝道漫画”『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニングKC)が、7月期のテレビ東京「ドラマ25」枠(毎週金曜 深0:52~1:23)で初めて実写化されることが発表された。キャストには、原田泰造(ネプチューン)、三宅弘城、磯村勇斗、そして宅麻伸ら芸能界きってのサウナ好き俳優が集結。放送に先駆け、きょう16日から『モーニング』(講談社)で原作漫画が連載再開となった。

【写真】原作者のタナカカツキ氏

 原作は、『バカドリル』『コップのフチ子』などで知られ、サウナ大使にも任命されたタナカ氏が、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程やそこで出会う個性的な人々との出来事をウィットに表現した、サウナーなら誰もが読んだことのある作品ではなかろうか。

 タナカ氏は「かねてよりサウナのあの恍惚の世界が、音と映像で表現されたならば、どんなに話が早いだろうと願っておりました。ついにその時が来た!と早々に感慨に浸りました」と喜びの声を上げている。

 今回のドラマ化にあたって目指したのは「サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ(これから好きになる人も含む)」と五箇公貴プロデューサー(テレビ東京コンテンツビジネス部)。レギュラーメンバー3人のサウナにまつわる会話をベースに、主人公のナカタが全国各地の施設を訪れ、「サ道」にまい進。サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。

 伝説のサウナーの後を追って全国を旅する男、主人公・ナカタアツロウ役に原田。「偶然、偶然!」が口ぐせの中年サラリーマンのサウナー、偶然さん役に三宅。コンサル会社を経営する若手のサウナー、イケメン蒸し男役に磯村。この3人に加え、ナカタがその後を追う伝説のサウナー、蒸しZ役を宅麻が演じる。

 すでにクランクインしており、現場ではサウナトークが止まらない、笑いの絶えない密度の濃い撮影風景が繰り広げられ、早くも“ととのって”いる様子。“ととのう”とは、『サ道』の作法で、「サウナ室〜水風呂〜休憩」を3回程度くりかえすことで得られる、多幸感、一種のトランス状態をいう。

 五箇プロデューサーも「道を求めるあまり、気が付くとなぜかサウナ・スパ健康アドバイザーの資格も取得しておりました。この番組を観たすべての方に“サウナ・水風呂・休憩”のすばらしさを追体験していただければ、我々の使命はある程度果たせたといえるのではないかと思っております」と意気込みを語っている。

■原田泰造のコメント
 なんで、サウナを好きなのか? 正直、自分でも今ひとつ分からない。ただ夜になるとサウナに行きたくてウズウズする。そんな不思議な魅力を持つサウナの教科書みたいな漫画「サ道」がドラマになります。是非、このドラマを見てととのっていただけたらうれしいです。
【サウナとは…】夜になると行きたくてウズウズする場所

■三宅弘城のコメント
 サウナの魅力に取り憑かれて四半世紀、まさか自分の仕事とこんなカタチで結びつくとは、夢にも思いませんでした。もう何かのご褒美ですよこれは。お話をいただいた時は飛んで喜びました。比喩ひゆでなくホントに。サウナ大好き俳優として、このドラマをきっかけにたくさんの方々にサウナの魅力、気持ち良さが伝わればいいなと願っています。
【サウナとは…】NO SAUNA NO LIFE(※真剣な目で)

■磯村勇斗のコメント
 「サ道」のお話を頂いた時、これがサウナとの運命的な出会いになるとは思ってもいませんでした。温泉は好きだったものの、今やそれ以上にサウナが好きになり、ピュアサウナーとして日々サウナ道を磨くことになりました。サウナの魅力が沢山詰まった「サ道」。皆さんもサウナーになること間違いないです!蒸し男として、磯村として、サウナを広めて行きたいと思います。
【サウナとは…】心身共にゼロに戻れる場所。
オリコンニュースは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。