『第43回日本アカデミー賞』の司会者を務める羽鳥慎一 (C)ORICON NewS inc.
『第43回日本アカデミー賞』の司会者を務める羽鳥慎一 (C)ORICON NewS inc.

羽鳥慎一『日本アカデミー賞』司会者に「プレッシャー」 6年連続・西田敏行から交代

 日本アカデミー賞協会が15日、2019年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する『第43回日本アカデミー賞』の15部門と新人俳優賞の受賞者・作品を発表する授賞式を都内のホテルで開催。男性司会者をフリーアナウンサーの羽鳥慎一(48)が担当し、過去9回、14年から6年連続で務めた同賞協会組織委員会副会長で俳優の西田敏行(72)からバトンタッチすることが発表された。

【写真】羽鳥アナの妻・渡辺千穂氏 臨月のふっくらお腹で登場

 西田は男性司会を第13回(1990年)に初めて務め、その後、第19回(96年)、第20回(97年)、第37回~42回(14年~19年)で担当。その年の女性司会者を務めた島田陽子、樹木希林さん、宮沢りえ、蒼井優ら名女優とともに授賞式を盛り上げながら進行していた。西田について島谷能成会長は「すごく会場を和ませてきたので、西田さんには感謝しかありません。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 羽鳥と日本アカデミー賞の関わりは、授賞式会場でのインタビューを過去5回(第20回、23回、24回、27回、31回)、授賞式テレビ放送司会を3回(28回、29回、31回)務めるなど自身のアナウンサー人生とともに歩んできた。

 西田から司会を引き継ぎ羽鳥は「うれしさと同時にプレッシャーに襲われています」と顔がこわばるほど緊張していると告白。続けて「映画に携わる人が選ぶ映画賞ということで意味のある特別な賞だと思いながら、インタビュアーをさせていただきました」と日本テレビ時代を振り返りつつ「(当日の)授賞式は(会場が)笑顔に包まれよう、微力ながら頑張っていきたいと思います」と意気込み。

 「最近は俳優さんがバラエティー番組に出演することもあり、気さくな一面を見せる機会が増えた。以前(過去の授賞式会場で)はあんまり話すことがなかったので、大変でした。当日はリラックスした表情を引き出せたらと思います」とし「先ほど資料を見たばかりなのですが、優秀助演男優賞の岡村隆史を見た時に安心したので、ここを休憩場所にして、あとは緊張感の中で頑張っていきたいと思います」と日本テレビ系バラエティー『ぐるナイ』で番組共演をする岡村の名前をあげて笑いを誘った。

 この日の司会は羽鳥とともに昨年の『日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラが務めた。

 第43回日本アカデミー賞の選考対象は、2018年12月16日~19年12月15日の期間に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開され、1日3回以上、かつ2週間以上継続して上映された40分以上の作品。最優秀賞は3月6日に都内で行われる授賞式で決定する。
オリコンニュースは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。