EXILE ATSUSHI と AI が発起人を務める ミュージシャン支援プロジェクト”『 Musician Aid Japan Project 』を発表
EXILE ATSUSHI と AI が発起人を務める ミュージシャン支援プロジェクト”『 Musician Aid Japan Project 』を発表

EXILE ATSUSHI&AI、ミュージシャンへの支援発表 ギタリスト・今剛と「乾杯」セッション公開へ

 EXILE ATSUSHIとAIが発起人を務め、コロナ禍で活動の場が減ったミュージシャンたちを支援する新プロジェクト『Musician Aid JapanProject』(=略称:MAJP)が7日、発表された。同日、プロジェクト発足に合わせYouTubeチャンネルも開設される。

【写真】EXILE ATSUSHIとギタリスト・今剛の「乾杯」セッション模様

 新型コロナウイルスの影響で、自分たちも多くのライブやイベントの中止を経験してきたATSUSHIとAIが、同じく活動の場の減少で収入が大幅に減ってしまったミュージシャンを支援するという目的と、「ライブへ行くことができないファンの皆さまへ、音楽を届けたい」という想いを掛け合わせ、実施に至った。

 今回の支援で行うのは、動画配信サイトを使用しての一流ミュージシャンによる演奏の生配信とアーカイブス化。またチャンネル運営の発展として、音楽教室、オンラインサロンなど多角的な支援を視野に入れている。一般公開されるコンテンツと、一流ミュージシャンと豪華アーティストによるスペシャルセッション映像など月額制で見ることのできるコンテンツも順次展開していく予定だ。

 現在、プロジェクトに賛同するアーティストとして、杏里・石井竜也(米米CLUB)・今市隆二・登坂広臣(三代目JSOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)・大黒摩季・TAKURO (GLAY)他らが名を連ねている。

 7日正午にはYouTubeチャンネルで第1弾の動画を公開予定。井上陽水、矢沢永吉らのサポートギターを務めるギタリスト・今剛とEXILE ATSUSHIがリモートでセッションを行い、長渕剛の名曲「乾杯」を歌唱する映像を同チャンネルにアップする。さらに、発起人であるATSUSHI 、AI両名それぞれのコメント映像も同時に解禁予定。

 今後も佐野健二(監修)、DURAN(ギター)、FUYU(ドラム)、EMバンド(管楽器)、小倉泰治(キーボード)、小湊昭尚(尺八)ら、人気アーティストのサウンドを支えてきた一流のミュージシャンが多数出演する予定となっている。

【発起人アーティストコメント】

●EXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHIです。
新型コロナウイルスの影響による、緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ大型ライブの開催などは、厳しい状況にあります。
演奏することを生業とする、僕らの仲間でもあるミュージシャンの方々が、本当に困っている状況にあるのが現状です。

そこで、ミュージシャンの方々を少しでも、支援できればと思いまして、『Musician Aid Japan Project』を立ち上げました。
YouTubeにオフィシャルチャンネルを開設して、舞台裏のエピソードや、応援しているミュージシャン達の演奏を一緒に届けていければと考えています。

このチャンネルのすべての収益は、僕らを支えてくれているミュージシャンに公平に分配予定です。
YouTubeのチャンネル登録と視聴をしていただくことで、日本のエンターテイメントの支援につながります。
是非、『Musician Aid Japan Project』のチャンネル登録、よろしくお願い致します。


●AI

どーも! みなさん、AIです!
今回ATSUSHI君と色々と話して『Musician Aid Japan Project』を立ち上げることになりました。
ミュージシャンの皆さんには、私は本当にお世話になっています。
テレビとかライブとかラジオでも、ミュージシャンの方々がいるだけで、心強いんです。
音源も一人でやるのと全然違うんですよね。
ミュージシャンの素晴らしさっていうのをぜひ皆さんに知ってもらいたいし、本当に素晴らしいミュージシャンの方々が、いっぱいいるっていうことも知ってほしいです。
その人たちが今、大変な思いをしてるんだったら、ぜひ協力したいなと思っているので、是非、一緒に協力しあって、皆さんを応援できたらいいなと思います。

ミュージシャンの皆さんもそれぞれ、色々な方々がいますけども、私も紹介したい人いっぱいいるし、私も逆に「こんな人いたんだ」っていう、そういう出会いも楽しみにしてます。

色々なミュージシャンと、一緒に何かを作り出すっていう、こういう時期だからこそできることを、色々していきたいなと思いますので、よろしくお願いします!

それでは、またすぐに会いしましょう! AIでした!
オリコンニュースは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。