新ビジュアルを公開した内田真礼
新ビジュアルを公開した内田真礼

内田真礼11thシングル制作決定 初の生配信ライブで発表、上坂すみれも登場

 声優アーティストの内田真礼が自身初となる生配信ライブ『Hello, ONLINE contact!』を5日に開催し、11thシングル(タイトル未定/11月25日発売予定)の制作決定が発表された。あわせて新ビジュアルも公開された。

【ライブ写真】ピンクの衣装でキュートな笑顔 16曲を披露した内田真礼

 この日はもともと、横浜アリーナでのワンマンライブが予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。その代わりとして、自身初の生配信ライブを実施した。

 配信冒頭、モールス信号を交えたオープニングを奏でるバンドメンバーが画面に登場。MAAYA BANDの黒須克彦(Ba)、山本陽介(Gt)、今井隼(Key)、村田一弘(Dr)、大串友紀(MNP)の演奏に導かれるように登場した内田の「Hello, ONLINE contact! はじめます!」の声とともに、「Hello, 1st contact」でスタートした。

 ステージ上のスクリーンは、PVやライブなどの映像を取り入れたVJで彩られたほか、「Love for All Stars」ではファンクラブ会員から寄せられたクラップ動画、「ノーシナリオ」ではメッセージカードを上映。「Shiny drive, Moony dive」ではステージ脇に用意された赤い車に乗り込み、助手席に座るファンに歌いかけるような演出で一体感を高めていった。

 そして、「魔女になりたい姫と姫になりたい魔女のラプソディー」では、デュエット相手の上坂すみれが映像でサプライズ登場。歌唱自体は事前撮影した映像が使用されたが、歌唱後は上坂がリモートで生出演し、気心知れたトークでライブに華を添えた。

 ラスト曲「Hello, future contact!」では、感極まって涙を浮かべるシーンも見られたが、最後まで満面の笑みで全16曲を披露。11枚目のシングル制作が決定したことを報告してライブを締めくくった。

 終了後には、黒須克彦、冨田明宏プロデューサー、ライブ制作を手がけたポニーキャニオンのトキオ氏との4人で、ライブを振り返るアフタートークを展開。その中で、11thシングルの詳細が改めて発表された。11月25日発売予定で、クリエイターとして、kz(livetune)とTAKU INOUEが参加。それぞれが作詞作曲を行い、お互いの曲を編曲することが明らかにされた。

 『Hello, ONLINE contact!』のチケットは7月12日正午までZAIKOで購入可能。同日午後11時59分までアーカイブ視聴できる。

■内田真礼『Hello, ONLINE contact!』セットリスト
01. Hello, 1st contact
02. ギミー!レボリューション
03. からっぽカプセル
04. キミ行きEXPRESS
05. きみのヒロインでいるために
06. Shiny drive, Moony dive
07. +INTERSECT+
08. Life is like a sunny day
09. 金色の勇気
10. Love for All Stars
11. 魔女になりたい姫と姫になりたい魔女のラプソディー feat.上坂すみれ
12. youthful beautiful
13. Distorted World
14. 創傷イノセンス
15. ノーシナリオ
16. Hello, future contact!
オリコンニュースは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。