ローレン・サイを絶賛した東山紀之 (C)ORICON NewS inc.
ローレン・サイを絶賛した東山紀之 (C)ORICON NewS inc.

東山紀之、ローレン・サイを絶賛「自分だったら勇気でない」

時計2022-06-23 19:46
 俳優の東山紀之が23日、都内で行われたAmazon Originalドラマ『GAME OF SPY』プレミア潜入生配信イベントに登壇した。

【写真】真っ赤なドレスのスリットから美脚を披露するローレン・サイ

 世界中の犯罪者からターゲットにされる日本を舞台に、依頼が入ると冷静かつ迅速に任務を遂行する法務省外局・公安調査庁に設置された極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」の諜報員(スパイ)が、人知れずこの国を守るため活躍する姿を描いたスパイアクションエンターテインメント。この日は東山をはじめ、小澤征悦、ローレン・サイ、松平健、渡部篤郎が集結した。

 チームリーダー・羽柴猛の東山は、アメリカ出身でハリウッド作品にも出演するなどグローバルに活躍するローレンについて「能力の高い女優さんで紅一点ですが、全然、僕らに負けてない、エネルギッシュなアクションをみせてくれてる。この作品にリアリティーを持たせてくれているのは彼女」と絶賛。

 今回、日本語での芝居に初挑戦となったローレンは「発音とか、スパイの話なので普段使わないことはも多くて、いい勉強になりました」と笑顔。日本語は「YouTubeとか友だちのLINEとか映画とかは、勉強しました」と独学で習得したことも明かした。

 そんなローレンの奮闘ぶりに東山は「ローレンはえらい。ひとりで日本にきて、現場に来て難しい日本語を勉強して。自分だったら勇気でない。ローレンの頑張りは現場に刺激を与えてくれた。彼女がこの作品を作ったと言っても過言ではない」とべた褒め。絵も特技であるローレンに、共演の小澤も「本当にすごいんですよ。現場でずっと時間あると描いてる。その絵がすばらしいんです」と力説していた。

 24日からAmazon Prime Videoにて会員向けに30分×全10話を独占配信。
オリコンニュースは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。