21日放送『家政夫のミタゾノ』第7話より(C)テレビ朝日
21日放送『家政夫のミタゾノ』第7話より(C)テレビ朝日

ヒロシ『家政夫のミタゾノ』サバイバル編にゲスト出演「松岡昌宏さんの進行が素晴らしかった」

時計2023-11-21 07:00
 松岡昌宏が主演を務める、テレビ朝日系連続ドラマ『家政夫のミタゾノ』第6シリーズ(毎週火曜 後9:00)の第7話が、きょう21日に放送される。それに先立って、あらすじと同話のゲスト・お笑い芸人のヒロシからコメントが到着した。

【場面カット】“山奥にポツンと建つ一軒家”に訪れるミタゾノさんたち

 同作は、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん/松岡)が、派遣された家庭・家族の内情を除き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。今作が第6シーズンで、今回から放送時間が深夜から火曜午後9時のゴールデン帯に引越しした。

 アイドルとの不倫疑惑をスクープされて以来、山奥で暮らすようになった元ITベンチャー企業社長の矢崎(丸山智己)。「70歳以上は社会のコスパが悪くなるから日本から追い出せ」という発言で炎上するなど、世間からは厳しい目を向けられている人物でもある。そんな矢崎の妻であるみゆき(映美くらら)に依頼され、一緒に“山奥にポツンと建つ一軒家”に向かったミタゾノさんと光(伊野尾慧)は、そこで矢崎に自給自足を強いられている子どもたちの姿を目の当たりにする。

 なんとか子どもたちを都会の生活に戻したいと考えるみゆきは、矢崎から子どもたちを奪い返そうとするが…。さらに謎の男、金子(渋谷謙人)が矢崎たちを盗撮していることもわかり…。“山奥にポツンと建つ一軒家”で自給自足生活を送るファミリーに迫る危機。果たして謎の男の正体とは。

 そして第7話には、お笑い芸人のヒロシも登場。趣味のキャンプをとことんまで極め、自身のYouTubeチャンネル『ヒロシちゃんねる』に投稿されたソロキャンプに関する動画は、キャンプファンの中で人気が広がるなど、昨今のキャンプブームの火付け役に。《ミタゾノ・サバイバル編》となる第7話にはピッタリなゲストとなるヒロシ。「少ししか出ないので、見逃さないでください」と話すが、どんな役柄で登場するのか。

■ヒロシ コメント
――第7話のゲストとして登場することになりましたが、出演が決まった時はどんなお気持ちでしたか?
セリフが少なかったからよかったです。

――撮影現場の雰囲気、松岡昌宏さんや他のキャストさんとのご共演はいかがでしたか?
松岡昌宏さんの進行が素晴らしかったです。平田敦子さんにも会いたかったのですが、現場にいなかったのが残念でした。

――松岡さんへメッセージはありますか
TOKIOさんが出演されている某番組のファンです。

――視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。
僕は少ししか出ないので、見逃さないようにしてください。
オリコンニュースは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。