2020/08/04 13:05

紫電改は撃墜され、減っていった。ベニヤ板で覆った機銃陣地。痛む肩を冷やしながら、穴の中から敵機に必死に撃ち返した〈証言 語り継ぐ戦争〉

 「多くの命を奪う戦争はやってはならない」と話す小山田敏則さん=日置市吹上町永吉
 「多くの命を奪う戦争はやってはならない」と話す小山田敏則さん=日置市吹上町永吉
 ■小山田敏則さん(93)日置市吹上町永吉  永吉尋常高等小学校を卒業して2年後の1943(昭和18)年、16歳で海軍の飛行予科練習生(予科練)として山口… [続きを読む]
広告
広告