時計 2020/08/20 17:00

空母「瑞鳳」の甲板下の部屋。3人椅子に座って待機中、真ん中の乗組員が突然後方に崩れ落ちた。遺体の仮置き場まで背負って運んだ。そこは地獄絵図だった〈証言 語り継ぐ戦争〉

 「集落から40人近くが戦地に向かった」と話す畠中渉さん
 「集落から40人近くが戦地に向かった」と話す畠中渉さん
■畠中 渉さん(91)霧島市横川    1942(昭和17)年、海軍佐世保海兵団に入った。海軍対潜学校(神奈川)で1年間、潜水艦探知を学んだ後、航空母艦… [続きを読む]
広告