2021/06/19 12:30

手足の震え、2度の流産… 水俣病との診断は特措法申請締め切り後だった 国賠訴訟提訴から8年 コロナ下で長引く心理、原告は1400人超に

 開廷前の集会で早期救済を訴える弁護団や浜崎エミ子さん(右から2人目)=2日、熊本市の熊本地裁前
 開廷前の集会で早期救済を訴える弁護団や浜崎エミ子さん(右から2人目)=2日、熊本市の熊本地裁前
 水俣病特別措置法の救済から漏れた鹿児島、熊本両県の人たちが国などに損害賠償を求めて熊本地裁で争う集団訴訟は20日、第1陣の提訴から8年となる。原告は当初の48… [続きを読む]