鹿児島弁ご当地ピクトグラム  方言ユニーク 絵文字20種類 五輪開会式ヒントに考案

 2021/08/02 21:00
 鹿児島弁のピクトグラム。(上段左から)「なんかかる(もたれる)」▷「からう(背負う)」▷「さるく(歩く)」▷「いお(魚)」。(中段左から)「よんごひんご(くねくね)」▷「へがふっど(桜島の火山灰が降る)」▷「かずむ(においをかぐ)」▷「ひったまがった(驚いた)」。(下段左から)「だいやめ(焼酎の晩酌)」▷「のんかた(飲み会)」▷「ぐらしい(かわいそう)」▷「びんてくらい(頭にくる)」(宮元一賢さん提供)
 鹿児島弁のピクトグラム。(上段左から)「なんかかる(もたれる)」▷「からう(背負う)」▷「さるく(歩く)」▷「いお(魚)」。(中段左から)「よんごひんご(くねくね)」▷「へがふっど(桜島の火山灰が降る)」▷「かずむ(においをかぐ)」▷「ひったまがった(驚いた)」。(下段左から)「だいやめ(焼酎の晩酌)」▷「のんかた(飲み会)」▷「ぐらしい(かわいそう)」▷「びんてくらい(頭にくる)」(宮元一賢さん提供)
 ひったまがった(驚いた)、よんごひんご(くねくね)-。岐阜県の可児高校教諭・宮元一賢(かずたか)さん(37)が、つくったユニークな鹿児島弁ピクトグラム(絵文字… [続きを読む]
広告