「子ども110番の家」が減っている 高齢化で個人商店廃業響く 10年で1割減、声掛け事案は増加傾向 鹿児島

 2021/12/05 21:25
 下校中の小学生らと話す子ども110番の家の小浜努さん=10月、鹿児島市東谷山2丁目
 下校中の小学生らと話す子ども110番の家の小浜努さん=10月、鹿児島市東谷山2丁目
 児童らが危険を感じた時に駆け込む「子ども110番の家」の登録件数が鹿児島県内で減少している。高齢化による個人商店の廃業などで、11年前のピーク時より1割減った… [続きを読む]
広告