鹿児島大空襲77年 焼夷弾が深夜の街に降りそそぎ、寝室にも散乱。足で庭に蹴り出した。爆撃機はまるで魔物。焼け野原に高島屋がぽつんと残った 高島屋開発相談役・海江田順三郎さんに聞く

 2022/06/17 10:00
 鹿児島大空襲後、中央にぽつんと残る当時の高島屋(平岡正三郎さん撮影)
 鹿児島大空襲後、中央にぽつんと残る当時の高島屋(平岡正三郎さん撮影)
 1945(昭和20)年6月17日の鹿児島大空襲。焼夷(しょうい)弾が深夜の市街地に降りそそぎ、一晩で大部分が消失した。センテラス天文館が開業し、にぎわう千日町… [続きを読む]