2021/07/12 11:39

県警本部横にアンテナ4本? にょきにょき「数十年に一度」の花 鹿児島

アンテナのように立つアオノリュウゼツラン=鹿児島市の県警本部
アンテナのように立つアオノリュウゼツラン=鹿児島市の県警本部
 鹿児島市鴨池新町の県警本部横で、数十年に一度だけ咲くリュウゼツランが4本同時に、黄色い剣山のような花を咲かせている。ソテツが茂る横庭でにょきにょきとそびえ、高いものは目測10メートルほどと警察庁舎4階と肩を並べている。

 県管財課によると、品種はアオノリュウゼツラン。1996年の庁舎移転の際、県警の周囲に高さ約1メートルの10本を植えた。過去すでに花が咲き、枯れたものもあるという。

 フラワーパークかごしま(指宿市)によると、リュウゼツランは開花期になると茎が急成長し、一度咲くと枯れてしまう。同じ時期に植えたほかの個体が目立たないのはそのため。県警横の4本は先端にまだ青いつぼみがあり、7月いっぱいは花を楽しめそう。
広告