2021/07/24 20:44

24日打ち上げ、観測ロケットS520-31号機を公開 鹿児島・内之浦

全長9.6メートル、重さ2.4トンの観測ロケット「S520-31号機」=肝付町の内之浦宇宙空間観測所
全長9.6メートル、重さ2.4トンの観測ロケット「S520-31号機」=肝付町の内之浦宇宙空間観測所
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、肝付町の内之浦宇宙空間観測所で打ち上げを予定している観測ロケット「S520-31号機」の機体を公開した。

 ロケットは全長9.6メートル、重さ2.4トン。当初20日午前5時半~6時に打ち上げを予定していたが、悪天候で延期している。予備日は8月31日まで。

 メタンと酸素の混合ガスを燃焼して起きる秒速2キロの衝撃波を推力に変えるエンジン技術を実証する。世界で初めて宇宙空間で試験する。実験データのメモリーを入れたカプセルを海上に緩やかに降下させ、ヘリコプターで回収する。

 実験主任を務めるJAXAの竹内伸介准教授らは24日、「ロケットエンジンを革新的に高性能化させる基幹技術を確立できる」と説明した。
広告