2021/07/27 08:45

最初は兄、翌日は弟 電子マネー購入尋ねる客にピンときた コンビニ店の兄弟 2日連続詐欺防ぐ

詐欺を防いで表彰された西斉史朗さん(右)と十史朗さん(左)=阿久根市の阿久根警察署
詐欺を防いで表彰された西斉史朗さん(右)と十史朗さん(左)=阿久根市の阿久根警察署
 電子マネーを悪用した詐欺を2日連続で防いだとして阿久根警察署は20日、ファミリーマート阿久根赤瀬川店の西斉史朗店長(26)と弟で店員の十史朗さん(17)を表彰した。兄弟の積極的な声掛けが奏功した。

 同署などによると、7月6日、斉史朗さんは電子マネーの購入方法を尋ねる女性客から経緯などを聞き、詐欺と判断し通報。翌日は男性客が「パソコンのウイルス除去のために3万5000円分の電子マネーが必要」と来店し、不審に感じた十史朗さんが購入を思いとどまらせた。

 同署で宇都俊明署長から感謝状を受け取った斉史朗さんは「兄弟で犯罪を未然に防ぐことができて良かった」。十史朗さんは「詐欺が阿久根でも発生していると実感した」と話した。
広告
広告