2021/07/30 06:30

浜田尚里「柔道の楽しさは練習」 高校・大学の同級生が証言「もやしみたいだった体が…」 無類の努力家はサンボもマスター

黙々とロープを使ったトレーニングに打ち込む浜田尚里=自衛隊体育学校
黙々とロープを使ったトレーニングに打ち込む浜田尚里=自衛隊体育学校
 すごみさえ感じさせる寝技の連続だった。柔道女子78キロ級の浜田尚里は、決勝で宿敵に付け入る隙を与えず圧勝。オール一本勝ちで世界の頂点に立った。「一戦一戦大切に戦った。金メダルで終われて本当にうれしい」

 誰もが認める無類の努力家だ。柔道の楽しさを問われるといつも、「練習」と静かな口調で即答する。鹿児島南高校時代に指導した吉村智之さん(45)=国分中央高校教諭=は「努力で柔道のセンスを創りあげた」と手放しで評価する。

 霧島市に生まれ、10歳で柔道を始めた。中学まで無名だったが日本一を目指す鹿南高に進んだ。武器をつくりたいと磨き始めたのが寝技だ。「厳しい練習でも絶対に手を抜かなかった。全力を尽くす姿勢は今も変わらない」と吉村さんは語る。

 高校、山梨学院大学で7年間ともに汗を流した同級生の東馬場とも子さん(30)=鹿児島市=も「マイペースで寡黙だが、とにかく負けず嫌い。もやしみたいだった体も、食事のトレーニングで頑張って大きくしていた」と懐かしむ。

 大学卒業前から数年間は、ロシア発祥の格闘技サンボにも挑戦。関節技を習得し柔道の幅を広げるためだったが、世界選手権を制するほど極めたのも浜田らしさの表れだった。

 自衛隊入り後に結果が出ない時期もあった。だが、じっくり腕を磨き、30歳でたどり着いた初めての五輪。周囲からは「遅咲きの柔道家」などと言われるが、本人にそんな意識は全くない。

 今年4月の国際大会で優勝した後、盤石の戦いぶりに吉村さんが「ベテランの域ですね」とメッセージを送ると、「私はまだまだ伸びてますよ」と返信があったという。発展途上の「努力の天才」は、夢舞台で輝きを放った後も黙々と鍛錬を続けるだろう。
広告
広告